漢方相談なら世田谷区の元氣心薬房|最高の健康をご一緒に!

元気心薬房
皮膚の症状

アトピー・皮膚炎・肌あれ

皮膚は大人の場合、総面積が約1.6m2あり、重量は体重の16%にもなる大きな器官で、さまざまな働きを持つ重要な器官です。
皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層と、汗腺、皮脂腺、毛などの付属器官からなっています。これらの器官が互いに協力しながら1つの器官として機能しています。

私たちの皮膚には、体内を守るための保護作用があり、皮脂膜によって有害な物質や細菌などの侵入や水分の蒸発を防いでおり、本来は丈夫に造られています。また保護する作用だけでなく、汗や皮脂を分泌し、温度調節や体内の老廃物を排泄する作用など多くの働きがあります。

皮膚は外から強い刺激が加わることで、変形したり、皮膚の中に有害な物質が出来、この有害物質が周りの組織や血管、神経を刺激して炎症(痛みやかゆみ)を起こします。また、掻いたところから細菌が感染して、化膿を起こすこともあります。

皮膚病が起こる原因は外側からの刺激だけでなく、体内の内側にあることが多く、食生活や生活環境の乱れなどによる血液状態・腸内環境の悪化や免疫反応が過剰反応を起こして起こるアレルギーなどが考えられます。

症状抑えである対処療法は一時しのぎで根本治療とは違います

ステロイド剤の外用

一般的な皮膚病の治療にステロイド軟膏(副腎皮質ホルモン剤)が良く使われていますが、ステロイド剤は患部の炎症やアレルギー反応を抑え、短期の使用にはとても有効ですが、『根本治療』とは違い、一時的に症状を抑える『対処療法』でしかありません。

本来、症状を抑えるだけの作用なので、ステロイド剤を長期で連用していると、徐々に作用の強いものを使わなければ効果が出なくなったり、皮膚の萎 縮、血管が浮き出るなどの副作用もあります。使い続けることでどんどん症状が悪化していくことも考えられますので、誤った使い方にはとても注意が必要で す。
また、同じような状態の皮膚病であっても、おむつかぶれ(カンジダ菌)や水虫などに使用するとかえって症状を悪化させることもありますので注意が必要です。

抗ヒスタミン・ビタミン剤などの内用

皮膚病の原因になるひとつにヒスタミンというかゆみを起こす物質があり、抗ヒスタミン剤はこのヒスタミンの作用を抑えるために服用します。また、ビタミン不足によって症状が悪化することもあり。

体質改善による根本治療が大切

アトピー性皮膚炎や湿疹、蕁麻疹、にきび、肌荒れなどのお肌のトラブルには【食生活や生活習慣の乱れ】、【ストレス】、【腸内の汚れ】などさまざまな原因があります。
一般的なステロイド療法は即効性がありますが、根本の原因は改善されないので、やめるとまた症状が出てしまい、薬漬けになりがちで、やがて症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。
また、皮膚の外側だけでなく、症状を起こす原因である内側からの改善がとても大切です。

↑上へ