漢方相談なら世田谷区の元氣心薬房|最高の健康をご一緒に!

元気心薬房
お客様の声
元氣心には、たくさんのうれしいお客さまのお声が届いています。ご縁をいただけた患者さまのお声を一部ご紹介させていただきます。

アトピー性皮膚炎

Y・Mさま 30歳 世田谷区在住

私は幼少時代からアトピーがあり、ここ数年は抗アレルギー剤の服用とステロイドを使用していました。そして今年春に、体質を改善し根本から治したいと考え、脱ステロイドを決心しました。

春という季節がらもあり、すぐに顔や上半身に赤みと痒みが出ました。次第に湿疹なども体中に広がっていきました。どんどん酷くなるばかりで戸惑い、 脱ステロイドといっても何をしてよいかもわかりませんでした。そして何か良い方法はないかと考え、インターネットで検索していた時に元氣心さんと出会いま した。

10月で半年になりますが、先生の処方で見違えるほど心身ともに元気になりました。先生には、漢方の説明から食養生まできちんとお話して頂きまし た。最初の三ヶ月くらいは、強い痒みで眠れずとてもつらい日々でしたが、アトピーは良くなりますという先生の言葉を希望に頑張る事ができました。

三ヶ月を少し経つと少しづつ睡眠がとれるようになり、赤みも緩和していきましたが、体調や気温差などで波があり、一喜一憂する日々でした。それでも先生に処方していただいた漢方薬や栄養素と食養生を続け、半年近くなった
今は赤みもなくなり、外出も抵抗なくできるようになりました。また、朝まできちんと睡眠をとれるようになりました。漢方薬なども減量でき、日々身体が元気になっていくのを実感しています。

今は完全に痒みがなくなるよう、引き続き漢方薬などの服用と食事などに気をつけて胃腸を整えるようにしています。精神的にきつかった日々ですが、ここまでこれたのは先生のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです!

生理痛・子宮内膜症

S・Wさま 44歳 世田谷区在住

当時、生理痛がひどかった私は病院で子宮内膜症と診断され、薬をすすめられました。その薬は副作用があり、不安だったので治療をためらっていました。そんな時、たまたま元氣心さんのことを知り、相談させていただきました。

元氣心さんの漢方等を飲んでいくうちに、少しずつ生理痛が楽になっていきました。まだ、全く痛みがなくなったわけではありませんが、生理の度に吐き気や痛みに苦しんでいたのがなくなり、今では痛み止めも飲まなくてすむようになりました。

生理痛だけではなく、いろんな体の不調も親身に聞いて下さって本当に感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。

足のむくみ

Y・Tさま 神奈川県相模原市在住

交通事故の為、後遺症でふくらはぎが1、5倍位の太さまでむくみ、どの病院の医者にも一応に、現代医学では治しようがありませんと言われて、絶望的な気持ちでいたとき、たまたま元氣心のお店の前にさしかかりました。

心引かれてドアーを開けると、にこやかな小松さんがいて、懇切丁寧に何故むくんでいるかを説明してくれて、心底納得した上で漢方を飲みはじめました。今では全くむくみはなくなり、あの頃の苦しみが嘘のようです。ただただありがたいばかりです。

目の病気

M・Kさま 39歳 世田谷区在住

目の状態がとても悪くどうしていいのか分からなかった時、とりあえず体質改善しようと思い元氣心さんを訪ねました。そうしたら先生に「良くなりますよ」と言われすごく嬉しかったのを覚えています。

あれから4年近くお世話になっていますが、本当に奇跡が起きたように良くなり、ピアノの楽譜もちゃんと見えるようになりました。ありがとうございました。

肝臓疾患

トムとジェリーさま 45歳 世田谷区在住

不規則な仕事、運動不足、飲酒など、長年の不健康生活で、2008年の検診でγ-GTP値が129になってしまいました。元氣心さんに相談して、肝 臓を元気にするものと合わせて、心身ともに、不規則な生活に対応しやすい体にするために、様々なものを紹介していただきました。
その結果、γ-GTP値は
2009年 108
2010年 72
2011年 63
2012年 43
と正常値になりました。
仕事は相変わらず不規則ですし、運動もしていません。またストレス解消と銘打って飲酒も止めていないのに、この結果には驚きです。

神経性食道狭窄

くまこさま 44歳 世田谷区在住

家族の病気などからストレスが溜まり、ある日突然、まるでノドや胸に大きな石が詰まって、呼吸は出来ているのに苦しいという神経性食道狭窄の症状が 出てしまいました。元氣心さんに相談して、自律神経の乱れを正してくれるものや、ストレスに強くなるものを紹介していただきました。

また、私の考え方のクセや、違った考え方など、生活の中で、ストレスを少しでも軽減できるアドバイスをいただきました。このおかげで食堂狭窄感は自分でもある程度コントロールできるようになり、酷くなる前に、症状を出さないように出来るようになりました。

また、最近、耳鳴りの症状が続き、単に耳の血流の問題かと思っていましたが、いろいろ問診をしていただいた結果、やはり自律神経の乱れが大きく関係していることが分かり、リラックスできるものなどを紹介していただきました。

身体の痛み

邦夫さま 83歳 宮城県仙台市在住

長時間、車に乗って移動する日々が続いたある日、脚全体が重く、軽く足を引きずるような症状が出てきました。元氣心さんに相談して、年齢的に消耗してきている軟骨を増やすものや血流を良くするものなどを紹介していただきました。

その他、足湯、その場脚踏み、リンパマッサージなど、商品とは関係ないアドバイスをたくさんいただき、大病院では年齢的にしょうがない、といわれていた症状でしたが、あれ以来、同じ症状は一度もなく、現役で働いています。

眼底出血・内出血

信子さま 67歳 宮城県仙台市在住

2005年に右目の眼底出血を起こしました。それ以来、血流を良くするために病院からバイアスピリンを処方され飲んでいました。約2年経った頃から、腕など、ちょっと重い物を持っただけで、毛細血管が破れ、しょっちゅう内出血を起こすようになりました。

元氣心さんに相談して、化学製剤ではない血栓を溶かすものを紹介していただきました。
その後、2009年に実母を亡くした際、ショックのあまり急激に血圧が上がってしまい、自分でもどうすることも出来ない状況になってしまいました。その時 に、血圧や血流を正常に保つものを、水で飲むのではなく、直接舌下にかみ砕いて置く、という元氣心さんに教えていただいていた方法で事なきを得ました。

また、2011年の震災の時も、ショックと恐怖で血圧が上がりましたが、血管が強くなるものを、何年も飲んでいたおかげで、再び眼底出血を起こすこともなく無事過ごせました。

↑上へ